Yusuke.I
神奈川県出身
趣味は料理。喋り方と文章が占い師っぽい。
小さい頃のあだ名はライー。

 

ー担当業務を教えてください。

新規事業部の営業として新規開拓を行っています。
自分にとってはじめての業界なので五里霧中のような状態ではありますが、お客さまからの反応は確実に返ってきているので、需要の高さを感じています。

 

ーhiqersに入社を決めた理由はなんですか?

これからの自分のキャリアを考えたときに、ひとつの商材にとらわれずに、新しい商材について自分から提案していけたり、自分の経験したことのない商材に触れたりできる機会が、必要になっていくのではないかと思っていました。

そのなかで、hiqersは新しい事業に積極的で、提案できる商材の形がこれからもっと増えていく組織だと、面接を通して感じたんです。自分の望むキャリアをhiqersで築くことができると思い、入社を決めました。

 

ー営業のスタートアップポジションとして不安な点はありませんでしたか?

不安はもちろんありました。ただ、前職の営業ではそれぞれがライバル同士で「あの人がアプローチしているから、自分はアプローチできない」というようなルールがガチガチにあったんです。

でも、新規事業は基本、はじめての人にアプローチするので、誰に営業をかけても問題ないじゃないですか。そう思ったら、すごく気が楽だなって。

 

ーhiqersのいいところを教えてください?

みなさん分け隔てなく接してくださって、わからないことがあったら、誰にでも気軽に聞ける環境ができています。ただ営業担当の人数が少ない分、明確な数字が求められる点もあります。このようにメリハリもしっかりとあるので、職場として最適な環境だと思います。

また、営業同士、協力し合っていけるところも良いところだと思います。普通の営業会社だと個人の成績で見られることが大半なので、「いい情報は自分だけのもの」っていう風潮がどこかにあって…。
でもhiqersだと営業同士で情報をすべてフラットにしている。万が一何かあった場合に、自分以外のメンバーでも営業が滞りなくできるように整備されています。この体制が成功したらとても面白いだろうなと感じています。

 

ー自分の今後の課題はなんですか?

今、自分が関わっている新規事業は立ち上げたばかりの段階で、営業がとても重要なんです。だからこそ、営業をもっと効率的におこなっていかなければならない。でも、営業を効率的にやろうとすると、お客さまへの配慮がおろそかになってしまう。

そこを解消させるアイデアを見つけていくことが自分の課題だと思っています。やっぱり効率化を重視するあまりサービスを軽視して、お客さまに逃げられてしまうようでは元も子もないので(笑)。

 

ー今後どういった人になっていきたいですか?

「どの組織にいても必要とされる人」になっていきたいです。物凄く稼いだり、人をまとめたりっていうのは自分には難しいのかなと感じているので、どこにいても、重宝される人材になっていけたらと思っています。営業としてだけじゃなくても、自分に関わる人が喜んでくれることをやっていきたいですね。